Youtube始めました!チャンネル登録よろしくお願いします!



人生2度目の鈴木雅氏のセミナーへ参加してきました!

スポンサーリンク


こんにちは!増量期のさいとうさんです!

今回は9月23日に開催された鈴木雅氏のセミナーについて書きます!

内容としては

前半はポージングについて

後半はトレーニングと食事について

でした!

私は前回宮城で開催されたセミナー(2017年の2月ごろ?)にも参加していますので

その模様についてはこちらから

ゴールドジム 鈴木雅選手 セミナー 胸と肩トレ編

ゴールドジム 鈴木雅選手のセミナー 食事編

では話を戻して順番に行きます!

ポージングについて


ポージングについてはなかなか文字で伝えるのが難しいので、重要だと感じた点だけ記します。

  • 審査員の視点に向かってポージングする
  • ポージングは力まずに、筋肉を伸ばした状態からギュッと縮める
  • 力の配分のポイントは脚
  • フロントポーズは骨盤後継気味
  • サイドポーズは肩の張り出しに気を遣う(前かがみになりすぎない)
  • バックポーズは下半身で軽く土台を作ってから、肩甲骨を開き、最後にリアを意識するイメージ

言葉足らず感満載ですが、なかなか伝えるのが難しいため写真で雰囲気だけでも伝えたいと思います!(笑)

画像が荒くて非常に申し訳ないです。。。。

ボディビルのポージング中心でしたがところどころ、フィジークやベストボディについても言及していました!

非常に勉強になりました!

トレーニングについて


鈴木雅選手は非常に寛大なお人柄でトレーニングについて深く語ってくれました!

最近のトレーニングで意識していることは「筋質」だそうです!

筋肉には紡錘筋、羽状筋という種類があって

 

各筋肉群はどれに当たるのかというと

紡錘筋:胸、三頭、ハム、背中

羽状筋:大腿四頭筋、三角筋(中部)、三頭

が当てはまります!

以上を踏まえたうえで紡錘筋と羽状筋で意識するポイントをお話ししてくださいました!

紡錘筋のポイント


  • 高重量重視
  • 高重量でのセット数は少な目
  • パンプ系種目はセット数多め
  • ストレッチ種目に反応しやすいため、必ずストレッチ種目は入れる
  • 収縮スピードが速い
  • 収縮距離が長い

紡錘筋の特徴としては、構造が非常にシンプルで収縮距離が長いので、ストレッチ種目で刺激が入りやすいのが特徴!

紡錘筋の主なトレーニング種目としては、ダンベルフライ、インクラインカール、スティッフレッグデッドリフトライイングレッグカールがあげられます!

ストレッチ種目のメリットとして、mToRというホルモンの活性化がポイントとして挙げられていました!

mToRが活性化することによって、インスリンなどの筋肉の成長にかかわるホルモンが活発になり栄養の吸収をよくしてくれるようです!

このメリットを生かしたトレーニング法として

FST-7が有効だそう!!

オリンピア7連覇のフィル・ヒースやオリンピア4連覇のジェレミー・ブエンディアが取り入れているトレーニング方法で最後の種目(ストレッチ種目)で7セット行い、筋膜を引き伸ばす効果があります!

筋膜を引き伸ばすことによって生まれたスペースに新たな筋細胞が生まれ、サイズアップ効果が期待できるトレーニングです!

ここでのポイントの一つとして、トレーニング中に糖とアミノ酸を摂取してあげるのがいいようで、引き伸ばされた筋膜の隙間に糖とアミノ酸が入り込み、さきほどでてきたmToRが活性化することによって新たな筋細胞が生まれるようです!

FST-7はものすごいパンプ感を得られるのが特徴でセット間にアイソメトリックな収縮を入れたり、最後にストレッチをしたりと筋膜をこれでもかと引き伸ばします(笑)

私も以前記事で紹介しました!

最高にきつい、最高の筋トレメニューの紹介!その名も!?

豆知識としてFST-7の7は7セット行うという意味なのですが、7セットには特に意味はないそうです(笑)

5セットだと少なくて、10セットだと多すぎるということで7セットらしいです!

過度になりすぎず、ちょうどのいいパンプ感を得られるのが7セットだったということでしょうね!

鈴木雅選手は取り入れていないそうですが、今回のセミナーの中でFST-7が出てきたので、非常にびっくりしました!

鈴木雅選手が紹介し、オリンピアで優勝する方々が取り入れているくらいですから、素晴らしいトレーニング法なのは間違いないということですね!

 

 

羽状筋のポイント


  • 筋繊維が多い
  • セット数は多めにする
  • 高重量も効く
  • プレス系、パンプ系どっちも重要
  • 収縮スピードは遅い
  • 収縮距離は短い分、パワーはある

 

羽状筋の特徴としては非常に筋繊維が多く収縮スピードが遅い分、パワーに優れているのが特徴です!

体重を支える下半身の筋肉はほとんどが羽状筋で、人間の体の筋肉も羽状筋の割合が多いといわれています!

セット数を多めに行うのも、高重量で行うのも両方大事ということで様々な刺激を入れてあげる必要があるようです!

筋繊維が多いので、トレーニングをしていて筋肉が焼き付くような感覚になるのも特徴の一つですね!

三頭や肩の種目は追い込むと焼けるような感覚とパンプ感がすごいですよね!

あの感覚です(笑)

羽状筋は高重量でも攻めるし、セット数多めでも攻めると鈴木雅選手はおっしゃっていました!

 

筋肉の質によるトレーニングの順番と重要点について


基本的にトレーニングの種目の流れとしては上から順に

コンパウンド種目(ミドルレンジとも言ったりしますね。筋肉にガツンと刺激を入れる種目) REP数 5RM
                      

ストレッチ種目(速筋繊維に刺激を入れて、筋繊維を破壊する種目)            REP数 6~12RM                  

パンプアップ種目(筋肉から刺激を逃さず、筋肉をパンパンにし筋肉の成長を促進させる種目)REP10~30REP

の流れで考えているようです!

筋トレを習慣化されている方は多少のREP数の違いはあれど、この流れで行っていることと思います!

鈴木雅選手によると羽状筋(肩や三頭)は3種目まんべんなくやり

紡錘筋(胸や背中、ハム)はストレッチ種目中心でトレーニングを進めていくイメージとおっしゃっていました!

ちなみに三角筋の前部と後部は紡錘筋寄りで

側部(中部)は羽状筋なので

肩の種目は高重量で行うコンパウンド種目とストレッチ種目、パンプアップ種目を幅広くやる必要があるようです!

グリップについて


鈴木雅選手はトレーニングにおけるグリップの握りを非常に重要視しているようで

グリップの握り方ひとつで刺激の入りが異なるということをおっしゃっていました!

グリップの特徴としては

  • 親指意識で握ると内側の刺激が入りやすい
  • 小指意識で握ると外側の刺激が入りやすい

それに加えて、握り始めからしっかりと意識するのが大事といっていました!

例えば、ラッド・プル・ダウンを小指意識で行う場合

握り始めも小指から握り始めることでより広背筋を意識しやすくなります!

普通に握って小指を意識するのと

小指から握って小指を意識するのとでは

明らかに後者のほうが意識しやすいです。(実際にやってみるとすぐわかります)

ラッド・プル・ダウンに関しては、サムレスグリップで行うのをあまりすすめていませんでした!

サムレスで行うと大円筋に刺激がはいりやすくなるので、しっかりと握ったうえで小指意識で行うのをお勧めしていました。(胸のプレス系もサムレスで行うと三頭に入りやすくなるとのことでお勧めしていませんでした)

小指意識で行ったうえで、招き猫の様に少し手首をひねった状態で握ってやると広背筋を意識しやすくなるとのことで、会場の皆さんでエア・ラッドプル・ダウンをやりましたが、確かに広背筋を意識しやすくなりました!

ちなみにリバースグリップでやるのも広背筋を意識しやすいのでお勧めです(私の個人的な意見です)

サムレスで行うのに適している部位としては

  • 大円筋
  • 三頭筋

を挙げられていました!私も上腕三頭筋を鍛えるときはサムレスグリップや小指寄りの意識で行うようにしています!

広背筋や胸の種目はしっかりと握るのをおすすめしていましたね。

例外としては、ゴールドジムなどにあるハンマーストレングス インクラインチェストプレスの時は親指を立てるとより意識しやすいとのことでした!

グリップ一つで刺激の入りと意識のしやすさが変わりますので、今まで意識していなかった方は

グリップ

を意識してみてトレーニングしてみてください!

 

まとめ


 

今回鈴木雅選手のセミナーの内容について、私の頭で解釈したことをお話しさせていただきました!(若干違った解釈をしているかもしれませんが、そこまで間違っていないと思います)

今回感じたことは全日本選手権を7連覇している選手だけあって、しっかりと考えたうえでトレーニングしているんだなということです!

私自身コンパウンド→ストレッチ→パンプアップという種目の流れでトレーニングをしていましたが

筋質

は考えたこともありませんでした。(笑)グリップは結構意識してやっていたんですけどね!

さすがに筋質までは考えなかったですね!

筋肉の質からトレーニングの質を考え出す思考力に脱帽です。。。

このレベルのセミナーが500円。。。

ありえない(笑)

安すぎます。。。

500円ってランチ代ですよ!(笑)

500円以上するランチはたくさんありますが

非常に価値あるお話を聞くことができました!

お腹いっぱいです!

食事と減量に関してのお話は次回書きたいとおもいます!

今回は以上になります!

お読みいただきありがとうございました!

では一本締めで!よ~おっ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

 

バナー原稿imp


どれかポチってくれたら喜びます!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

さいとうさん7

名前:齊藤 光汰  職業 パーソナルトレーナー  趣味 サッカー 筋トレ コンテスト出場 座右の銘 笑う門には福きたる  ボディメイクを通して、喜びと希望をお届けします。 少しでも皆様のお役に立てれば幸いです! 一度きりの人生です。思いっきり生きましょう! 戦績 ベストボディ2018仙台大会 準グランプリ パーソナルの申し込みは、ページ上のお問い合わせから! 目標達成サポートします!