Youtube始めました!チャンネル登録よろしくお願いします!


減量期のカーボ(炭水化物)の摂取量の考え方、カーボサイクルが参考になる!?

スポンサーリンク


こんにちは!減量期のさいとうさんです!

今回は減量期に摂取する炭水化物の摂取量について書きました!

減量期とダイエットといえば脂肪を落とすために炭水化物の摂取量を少なくします!

その理由としては、血中の糖を少なくし、脂肪をエネルギー源として使う状態をつくり脂肪燃焼効果を促すためなのですが

理由がわかっていても具体的にどのくらい摂取したらいいのかわからないというのが本音だと思います!

実際私もそうでした!

そんな時!!

先日youtubeを見ていたときに興味深い動画があったのでシェアします!

その名もカーボサイクルという事柄についてでした!

減量時やダイエット時は基本炭水化物の量を固定するのですが、このカーボサイクルでは炭水化物の摂取量を上下させます。

カーボサイクルとは


カーボサイクルとは、簡単に言うと

炭水化物を多めに摂取する日と少なめに摂取する日をサイクルする方法で

筋トレの部位によって、炭水化物の摂取量を調整しようという考え方です!

多い日は、300g

少ない日は、50~100g

筋肉は部位によって代謝の能力が違うので、炭水化物の摂取量を調整することで、炭水化物の摂取過多を防ぐことができます!

 

どんな効果があるの?


カーボサイクルをうまく活用することができれば、余分な脂肪をつけずに、炭水化物を摂取につながるメリットがあります!

ほかにも

  • トレーニングの質が落ちない
  • 空腹感を感じずらくなる(レッグデイの日は、多少食べれる日があるため)
  • 停滞期をおこしずらい、代謝を落とさない

体を低糖質状態に慣れさせないための有効手段になりそうです!!

どんな人にお勧めしたいか


  • コンテスト出場者
  • 筋トレを中心にダイエットしている方
  • 筋トレーニーのプチ減量

このカーボサイクルの考え方は前提条件として

筋トレをトレーニングの中心にしていること

が条件として挙げられます!

カーボサイクルの考え方


この動画が非常に参考になります!

文章にすると

筋トレの部位によって、炭水化物の摂取量を調整する

ということになります。

例を挙げると

  • 下半身や背中の日(デッドリフト系の全身の時) 炭水化物 200~300g(400にしてもいい)
  • 胸や背中                   炭水化物 100g
  • 腕や肩、トレーニングしない日         炭水化物 50g

という感じになります。

下半身や背中>胸>腕、肩、トレーニングしない日

の順で摂取量が多くなります!

そして、2~3日の平均が100~200gになるように調整していくこと。

ただし、筋肉量には個人差がありますので、上記の数字はあくまでも目安にして、自分に合った数字を見つけていきましょう!

まとめ


今回はカーボサイクルについてでした!

減量時は低炭水化物による停滞期を起こしやすいので

特にコンテストに出る際は、このカーボサイクルの考え方はかなり参考になると思います。

減量やダイエット時炭水化物の量がイマイチ掴めていない方は、カーボサイクルの考え方を参考にしてみてはいかがでしょうか!?

私も残り3週間ですが、減量時の参考にしたいと思います!

つらい減量が楽しい減量とまではいかなくても、辛くない減量になるかもしれません!(笑)

では今回はこの辺で!

お読みいただきありがとうございました!

では一本締めで!よ~おっ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

管理人お勧めのHMB!

バナー原稿imp


どれかポチってくれたら喜びます!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

さいとうさん7

名前:齊藤 光汰  職業 パーソナルトレーナー  趣味 サッカー 筋トレ コンテスト出場 座右の銘 笑う門には福きたる  ボディメイクを通して、喜びと希望をお届けします。 少しでも皆様のお役に立てれば幸いです! 一度きりの人生です。思いっきり生きましょう! 戦績 ベストボディ2018仙台大会 準グランプリ パーソナルの申し込みは、ページ上のお問い合わせから! 目標達成サポートします!