久しぶりの投稿! ベストボディ金沢と仙台大会に出場してきました!結果はいかに!?

スポンサーリンク


久しぶりの投稿となってしまいました。。。

楽しみにしてくれている読者さんがいたのなら、非常に申し訳なかったです(もしいたら)

今後はまたぼちぼち更新しおていきますので、気軽に読んでいただけたら幸いです!

ということでベストボディ金沢と仙台大会に出場してきましたので、振り返り記事となります!!

まずは結果報告


久しぶりの投稿がグダグダになるのを避けたいので、まずは結果から言いたいと思います!!

 

どうだったのか!?

 

金沢大会 ファイナリスト

仙台大会 準グランプリ!!!

でした!!

ん!?

自分でもびっくり仰天の地元仙台大会で準グランプリを獲得することができました!

金沢大会が5月19日、仙台大会が6月10日に開催ということで、金沢大会から3週間後に仙台大会を迎える形となりました。

減量のベースは金沢大会で作り、仙台大会に向けては少し炭水化物を増やして大会に臨んだ形です!

それぞれざっくりではありますが振り返っていきたいと思います。

 

金沢大会総括


まずは金沢大会から!

結果的には、ファイナリストどまりでした。。。

ここでの減量が仙台大会につながったと考えると、金沢での結果も糧になったのだなと改めて振り返るとプラスに考えることはできますね!

今年初の大会が金沢大会ということで5月19日の大会に向けて、早めに減量を開始しました。去年の初大会時2か月で減量をし参加しましたので余裕をもって筋量を残して減量していきたいという考えから1月の中旬から減量をスタート。

期間でいうと4か月ほど設けました!

減量開始時が73kgほどあり、大会前日水抜きをしたときは58kgほどしかなかったので、単純計算で15kgほど減量したことになりますね。

減量をしていて思ったのは、減量幅は少ないほうがいいということです。

長い期間の減量はどうしても代謝が落ちがちで、必ず停滞期がきます。

その時に減量幅が大きいといくつもの打開策が必要になるので、結構しんどいです。(私のやり方が悪いだけかもしれませんが)

炭水化物も減らしがちになるので、筋量も犠牲になりやすいかなと。

減量幅が少ないと炭水化物を削る必要もないですし、鈴木雅選手などの1流の選手、コンテストで結果を出し続ける選手は減量幅が少ないです。

増量期は筋量を増やしたいので、ガッツリ食べたいところですが、次の増量はリーンにやっていこうと今回の減量を通して学びました。

大会前日ですね! 改善点だらけ。。。。

ちなみに湯浅さんの当日コンディションはこちら!

減量方針

  • P タンパク質 体重×3.5~4g 主にプロテイン、胸肉、豚もも、ツナ、タラ、カツオ、マグロの刺身、卵の白身
  • F 脂質    10~20g (極力摂取しない) 不飽和脂肪酸、オメガ3 MCTオイル、フィッシュオイル サバ缶(トレoff時)
  • C 炭水化物  初期は150~200g摂取 後半は50~20g ゼロカーボの時も(笑)玄米、サツマイモ、干しイモ
  • カロリー 初期は計算せず。 後半は1000~1200カロリーでやりくりしていました。(これが失敗だったかな。)

ざっくり振り返ると、ローファットで減量を開始して、長らく停滞期を過ごしたところでゼロカーボを試したり、ケトジェニック気味になったりで後半にかけてだいぶ炭水化物の摂取量を減らしていきました。

今振り返るとだいぶカロリーを減らしすぎましたね。カロリーを減らしすぎるのは本当に良くない。。。。

日常生活に支障が出るし、筋トレの質も上がってこないです。。。

カロリーが足りず飢餓状態なので、しんどいし筋トレは楽しくないしでかなりしんどかったです(笑)

こんなカロリーのもと朝とトレ後に有酸素をしていたので、疲れは相当たまってました。

今考えると良く体がついてきたなという感じです(笑)

勝ちたい気持ちが強すぎて、絞りたい気持ちが強すぎて、正常な判断ができなくなってましたね。

減量も後半に入ると思考が普通じゃなくなる感覚は減量を経験した人には理解できると思います。(笑)1度は経験してるはず・・・

何はともあれ、これからコンテスト出場される方やダイエットされる方に向けて、アドバイスするとすれば摂取カロリーを少なくしすぎることは避けたほうがいいです!

サプリ

  • プロテイン
  • BCAA
  • グルタミン
  • EAA
  • フィッシュオイル
  • CLA
  • ファットバーナー系

サプリに関しては、定番のものをタイムリーに摂取してました!

トレ前 EAA BCAA ファットバーナー系 CLA
トレ中 BCAA
トレ後 プロテイン グルタミン

朝の有酸素前にBCAAとファットバーナー系などなど。

一般的な摂取法かなと思います!

振り返った時に失敗したなと思ったのは

BCAAとEAAをトレーニングしないときに過剰に摂取しすぎた点ですね。。。

筋分解を恐れるあまり、普段の生活の中で飲みすぎてました。

自分で1日どのくらい飲んでいたかわからないくらい飲んでました。。

食事よりBCAAを摂取して脂肪燃焼、筋分解を防ごうとしていました(笑)

(実際笑い事ではないので、マネしないでください)

そのせいか、肝臓付近の不快感がひどかったですね。。

たんぱく質もたくさん摂取してますので、許容量の中で摂取するのが大切です。

トレーニング

  • 週5日の分割法
  • 朝とトレ後有酸素

大会2か月くらい前から起きてすぐにBCAAを飲んで、20~30分ウォーキングしていました。
ちょうどチャンピオンズリーグの試合が多く行われている時期であったため、試合を見ながら歩いてましたね!

この時は朝のサッカー観戦兼ウォーキングが唯一の楽しみでした(笑)
(それぐらい毎日がしんどかったということです。笑)

朝は多少体力的に回復しているので何とか頑張れるんですよね!夜になるにつれて、もうエネルギーが足りな過ぎて・・・思い出すのはやめておきましょう。。。

筋トレ後も上半身をトレーニングした後は極力、クロストレーナーで有酸素を行っていました。

という感じで相当、有酸素入れてました。。

感覚的にはある程度は絞れてくるんですが、しぼむ感覚も強かったですね。

カロリー不足の中、有酸素していたので当然といえば当然ですが・・・

カロリーを消費したからといって、その消費分がすべて脂肪で燃焼されているというわけではないんですよね。。

有酸素に関してはいろんな考え方、やり方があります。

ガッツリ入れる方もいれば、全く入れない方もいます。

この辺は試してみて、合う方法を見つけていくほかないですね!

大会後観光へ

気持ち的にあまり余裕はなかったですが、せっかく金沢に来たということで軽く観光をしてきました!

東茶屋街、兼六園を回り、近江町市場、21世紀美術館に行ってきました。

3週間後に仙台大会を控えているということもあり、海鮮丼を2~3件ほど周り食事に関しては食べ過ぎないように気をつけました!

最高でした。。。。。

とはいえ、一応カーボブロッカーを飲んで、食べましたね。(笑)

最高に美味しかったです。。

和菓子、金沢カレー、能登牛、金箔ソフト、回転ずしなど、誘惑がたくさんありますので

こちらは金沢カレー!食べたかった。。。

美味しいグルメがたくさんありますので、ぜひ東海道新幹線を利用して行ってみてください!!

ちなみに私は高速バスで行きました!

金沢は北陸の京都と呼ばれているだけあり、茶屋街のイメージが強いこともあるかもしれませんが、和の雰囲気漂う落ち着いた街並が特徴的でした!

大会後はすごくリラックス気分になることができました!

次回行くときには増量期にお邪魔したいものです。

まとめ

金沢大会の個人的まとめです!

  • カロリー摂取不足は絶対に避けること。基礎代謝分は最低摂取推奨。
  • カロリー不足で消費カロリーを増やしても、脂肪燃焼よりもカタボリックが起きる。
  • サプリの過剰摂取に注意。
  • ある程度炭水化物は必要。
  • 減量幅は少ないほうが筋量を残しやすい。+5Kg程度にして、増やしても2桁いかない程度にとどめたほうが賢明かも。
  • 地元以外の大会に出るのも楽しい

上記が今回特に感じた点です。

特に摂取カロリーを減らしすぎるのは、本当に気をつけましょう。

いいことは何一つないです。。。

プラス面でいうと、地元以外の大会に出る楽しさを感じました!

地元以外のコンテスト選手との交流や知らない土地で調整する難しさ、町の特色を感じて感性を磨くことができます!

一度きりの人生ですので、旅は人生を充実したものにしてくれます!

仙台大会総括


金沢大会から3週間後の6月10日に開催された仙台大会。

結果は

準グランプリを獲得することができました!

金沢大会からの変更点としては

  • 炭水化物を少し増やした。
  • 有酸素の代わりに筋トレ量を増やした。
  • アミノ酸のサプリを最小限にとどめた。

大まかな変更点は上記3点です。

食事量を増やして筋トレの量を増やしました!

ざっくりですが振り返っていきたいと思います!

減量方針

  • P タンパク質 体重×3~4g 
    食材は金沢大会と同様 昼、晩ともに胸肉200gと白身2個分、間食には豚もも150g、ツナ缶。トレ後はプロテイン
  • F 脂質    極力摂取しない 10g以下 
    意識してとるのは食後のフィッシュオイル1gと間食時のアーモンド3粒(たべても9粒)CLAなども摂取せず
  • C 炭水化物  50~70g 摂取しても100g以下 白米 キムチ ブロッコリー ほうれん草 ヨーグルト
    白米150gを朝に摂取して、50g キムチやヨーグルトを食べて10~20g 野菜のカロリーはいれず。筋トレ時パワーが出なければMDを少しずつ摂取。BCAAのスプーンで半分ずつ(4g)摂取しても10~20g。
  • カロリー 1700~1800カロリー

若干、金沢の時よりも細か計算して摂取するようにしました!

感想としては、白米を食べた後の筋トレが最高だったことと、キムチが最高に美味しかったこと、ほうれん草とツナ缶の組み合わせにハマったことですね。

金沢大会がしんどかった分、少し体重が増えてもいいから炭水化物を増やして運動量でカバーしてみる作戦でいくことにしました。

そうすることで筋トレを楽しくできる状態になり、若干メンタルは回復しました!

空腹対策、腸内環境対策として、キムチとヨーグルトを足したのが意外と当たりました。

キムチは塩分多いので、若干むくむ感じはありますが水を飲みたくなるので、空腹感を防ぐことにもつながった気はします!

ブロッコリー、ほうれん草食べての水分多量摂取は結構膨らみます(笑)

その後、白米と胸肉や豚ももなので、あまり空腹感にさらされることは少なかったです。減量食に慣れてきていたのもありますね。

昼と晩の間の空腹時はアーモンド食べて、プロテインやコーヒーを飲んで乗り越えていました!

あとは空腹時にあえて、腹筋や懸垂をして代謝を上げてました(笑)

そうすると血流が筋肉に行くからか、空腹感がほぼなくなる感じがありました。

休憩が被っている場合はそのまま二頭or三頭もしくは、もも前orハムをマシンやケーブルで20~30分ぐらいトレーニングしてました(笑)

その後食事を摂取しできるだけ筋肉に栄養が行くように意識していました!

なので朝食時の白米を食べる前も腹筋ローラーか公園で懸垂、ディップス、ダンベルで二頭or三頭、肩を鍛えてから食べてました。

起床時間は毎朝5時でした(笑)

サプリ

  • BCAA
  • EAA
  • HMB
  • グルタミン
  • プロテイン
  • ファットバーナー系
  • フィッシュオイル
  • クエン酸

アミノ酸も自分なりに細かく管理しました。

  • BCAAは1日でスプーン1杯 7g
  • EAAはトレ中のBCAAに5g、トレ後に5g
  • グルタミントレ後に5g トータル1日で10g
  • 毎食後クエン酸
  • HMB1gをトレ前、トレ中、トレ後に各1g 計3g

といった感じで決めて飲んでいました!

HMBとEAAは激マズなので、クエン酸と一緒に飲むと若干飲みやすくなりますよ!

大体こんな感じですね!

細かく書くともう少しあるので、ざっくりにしておきます(笑)

トレーニング

  • 朝に二頭or三頭 毎日腹筋ローラー 1日おきにチンニングとディップスと肩 それぞれ別日。
  • 休憩時に肩や腕、もも前、ハムを交互に。
  • 1日おきに胸、背中

上記を意識して行っていました。

細かく分けて、1日に2~3回やっていました(笑)

3週間休み入れませんでした(笑)

実際はしんどくなったら、休み入れようと考えていましたが、どこまでやれるのか自分の身体の耐久性を知りたかったので行けるところまでやってみました。大会2日前までこのペースで行っていました(笑)

胸はプレス系できない日も出てくるので、フライ系やハンマーのマシン、ディップスをメインにすることがあったり

背中はデッドリフトの日、ローイング系の日に分けてやってました。チンニングは毎回行いましたね!

人生で一番筋トレ頻度多かったですね。。。

二頭筋がいつも悲鳴挙げてました(笑)

チンニングは結構二頭に来るので、肘を固定してやったりもしてましたね(笑)

勝ちたくてというよりかは、楽しくてやっている感覚だったのでしんどさはなかったですね!

金沢がしんどすぎたので、コンテストを楽しもうという気持ちで臨めたのが逆に良かったのかもしれないです。

大会後にベンチプレスがしたくなって、そのまま軽く胸の日にしたので、それくらいメンタル的に筋トレを楽しむということを思い出したんだと思います。

腹筋ローラーはこれがめちゃくちゃお勧めです!

パンプアップ時も使えます!安定感抜群で腹筋にダイレクトに入ります!

まとめ

  • 個人的には有酸素よりもパンプ系のトレーニングを多くしたほうが絞れるし、質感も向上した感覚があった。
  • 私には炭水化物が必要。
  • アミノ酸も最低限で乗り切ることはできる。アミノ酸に頼りすぎない。
  • 基礎代謝分のカロリーを摂取し、落ちないときは筋トレ量を上げるのが効果的。減らすのは良くない。
  • 基礎代謝分のカロリーを摂取していれば、思ったよりもしんどくなかった。(水抜き、塩抜き時期はしんどかったです。)
  • カーボアップも恐れずに大会2日前からやってみると、ハリ感が良かった。(今回は徐々に入れたのが良かったのかもしれない)
  • 地元の大会は参加しやすい。

上記点が仙台大会でのまとめです。

今回の一番の学びは、炭水化物は必要だということです。(非常に単純ですが)

筋トレのエネルギー源はやはり糖ですね。

これは間違いないです。

体重が落ちないなら、運動量(筋トレ量)を増やす!

今回、私の中で少し減量ポイントをつかんだかもしれないです。

カロリーのバランス、PFCバランス、食事のタイミング、食前後の対応だったり、気づきが多くありました!

結果も付いてきたこともあって、自信がつきましたね!

地元での大会ということもあり、調整はしやすかったです。

これからコンテスト出場を考えている方は、まずは地元の大会に出るのがお勧めです!

  • 道に迷うことがない
  • 費用も掛からない
  • 準備しやすい
  • 同じく地元の方が多く参加しているため、トレ仲間や友達が増えたりと今後の交流が増える。

上記4点が主な理由です。

ぜひコンテスト出場に迷っている方は地元の大会に参加してみてください!

話は変わりまして

今回の結果を受けてたくさんの方が祝福してくれました!

金沢大会で知り合ったグランプリの方からもメッセージがきましたし、仙台大会グランプリの方とも友達になることができました!

偉大なる先輩

家族

仲間

お客様

大会関係者

私に関わってくださった方々すべての方にこの場を通じて感謝したいと思います。

本当にありがとうございました。。。

私一人の力では何も成し遂げることはできませんでした。(私は本当に抜けているので、一人ではなにもできないどうしようもないやつです。)

協力、応援してくれる人があってこその結果です。

去年からコンテストに挑戦し続けてきて、結果がなかなか出なくて参加するたびに悔しい思いをし、結果報告が毎度辛かった。

今回はいい報告ができて

自分のことの様に喜んでくれる人が私の周りにはたくさんいることをしって

頑張ることの大切さ、感謝することの大切さをあらためて感じることができました。

挑戦したいことがあるって、素晴らしいです。

自分にもそれがあって、良かった。

筋トレとの出会いに感謝です。

このタイミングでのこちらの写真はJBBFオールジャパンメンズフィジーク王者の石井さん!

デカすぎっす。

腕太すぎでした。

 

これからについて


とりあえずひと段落しましたので

  • リーンバルク
  • ブログの更新

この2点に注力して、仕事に筋トレに活動していきたいと思います!

11月25日の日本大会にも出場できる運びとなりましたので、増やしすぎないよう食事にはこれからも気をつけて増量に入ります。

その経過もブログにて報告できればと思います。

長らく更新できずにいて、非常に申し訳なかったです。。。。

今回のコンテスト時や、普段の生活の中でちょくちょくブログについて声かけてもらえることがあったので、意外に読まれているんだなと思うと責任感にも似た感情が出てきます(笑)

余り負担にならない程度に更新していきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

最後に一言

筋トレを楽しむこと!!

これは忘れちゃいけない。

コンテスト出場するからには、やはり勝ちたいです。

勝つためにも楽しむことが大事。

気持ちの余裕にもつながります。

筋トレを楽しむことを忘れずに今日もハードに行きましょう!

以上調子乗った2番目の男からでした。。。。。。

では一本締めで!よ~おっ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

管理人お勧めのHMB!

バナー原稿imp


どれかポチってくれたら喜びます!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

さいとうさん7

名前:齊藤 光汰  職業 パーソナルトレーナー  趣味 サッカー 筋トレ コンテスト出場 座右の銘 笑う門には福きたる  ボディメイクを通して、喜びと希望をお届けします。 少しでも皆様のお役に立てれば幸いです! 一度きりの人生です。思いっきり生きましょう! 戦績 ベストボディ2018仙台大会 準グランプリ パーソナルの申し込みは、ページ上のお問い合わせから! 目標達成サポートします!