Youtube始めました!チャンネル登録よろしくお願いします!



有酸素運動でダイエットしたい方向け 有酸素マシンBEST4!

スポンサーリンク


こんにちは!腹筋アスリートのさいとうさんです!
関東でも雪が降り始めているようですね。!今年は寒くなりそうですね・・

前回有酸素運動しているのになかなか効果が出ていない方にむけて記事を書きましたが

今回はフィットネスインストラクターでもある私が有酸素マシンについて解説していきます!

普段フィットネスクラブに通っている方は使っている方も多いかと思うのですが、スタッフの方がじっくりと説明してくれる場面はなかなか少ないマシンかなと思います。

時間が限られているので筋トレマシンの説明に時間割いているイメージがあります。

公共の体育館などにも有酸素マシンは設置されていますが、スタッフによる説明などは特にないことが多いと思われますので

  • マシンの特徴
  • 消費カロリーの多さランキング
  • どんな方におすすめしたいか

この観点から解説していきたいと思います!

では消費カロリーが多い順に解説していきます!

第1位 クロストレーナー


痩せたいならこれです!! 筋トレしてこれやればかなりシェイプアップされた体になります!!消費カロリー上げたいならこれでしょ!!ってマシンです!

いつ燃やすの?   今でしょ!     じゃないですけど
どれで燃やすの? これ(クロストレーナー)でしょ!

覚えていますか??
僕はおぼえています。
このマシンはクロスカントリースキーの動きを用いていて、歩くスキーをイメージしていただくとわかりやすいかなと思います。

特徴

  1. 上半身、下半身を動かす全身運動なので脂肪燃焼効果が高い。(強度を上げれば消費カロリーもかなりあがります)
  2. 膝に負荷がない。
  3. 動作を大きくすることでお尻や二の腕、腸腰筋(足(膝)を持ち上げる時に使う筋肉)を刺激することができます。
  4. ゆっくりとした動作で行うことができる。

動作のポイントは、動きを大きく行うことです!
動きを大きく行うことでより脂肪燃焼効果も高まります。

余裕のある方はマシンのレベルをあげて、負荷を高めていきましょう!
そうすることで、消費カロリーがあがるので、ダイエット効果も期待できます!(もちろん筋トレもしたほうがいいです(笑))

クロストレーナーは膝に負荷がかからないので、利用しやすいマシンになっているので、膝に不安がある方にも安心して利用いただくことができます。

おすすめしたい方は

  • 膝に不安のある方
  • 高齢者の方
  • 有酸素マシンを用いて、効率よく脂肪燃焼したい方
  • シェイプアップしたい方

ですね!!
このマシンをきっかけにこれからのウィンターシーズン、スキーに挑戦するのもありですね!

スキーは楽しいので数時間続けて滑り続けることが多いので、消費カロリーがとても多いです。

楽しく運動したい方、ダイエットしたい方、運動大好き男子を捕まえたい女性の方はぜひ今年の冬はロマンスの神様を聞きにいきましょう!!!

走るのは苦手だけど歩くのは好きな方には、ノルディックウォーキングといったエクササイズもありますので、有酸素マシンをきっかけに、フィットネスが習慣になる毎日をお過ごしいただけたら嬉しいです。

第2位 トレッドミル(ランニングマシン)


第2位は王道のランニングマシンです!

有酸素マシンといえばこれ!!になりますね。
使い方も動作も非常に簡単ですので、迷うことなくお使いいただけるマシンとなっています。

特徴

  1. 脂肪燃焼効果
  2. 心肺機能の向上
  3. テンポよく走ってリラックス効果
  4. 長時間走ると膝に負荷がかかる。
  5. あまり太ももの筋肉を使わない。

動作のポイント
胸を張って、肘を後ろに引くように走るフォームを心がけると姿勢の改善にもつながります。

あとはふくらはぎを使って走るのではなく、太ももで後ろに蹴りをするイメージで走りましょう!ただ大きくは蹴り上げないでくださいね!

蹴り上げる力が大きいほどスライド(歩幅)が大きくなっていくんですが、
いいタイムで走るマラソン選手は蹴り上げるスライドの大きい選手であることは確かです。

ただトレッドミルでスライドを大きくしてしまうと膝に負荷がかかりやすいので、歩幅は大きくとりすぎないのがおすすめです。

マラソンとは目的が全然違うものになりますので、そこは頭に入れていただけると怪我なく利用できるかと思います。

一般道を走っている感覚に近づける場合は傾斜を2~3%上げて行いましょう!傾斜を上げることで強度を上げることができるので、消費カロリーを増やすことができます。

ここでもひとつ注意して欲しいのが、トレッドミルで走る場合、外をランニングする場合と比べると下半身の筋肉(特にももうら、お尻)をあまり使わないので

基本的には脂肪燃焼効果と心配機能の向上に重きが置かれていると考えてください。

トレッドミルでマラソンの練習の代用にはなりませんので、フォームの習得などマラソンに関することは外で走って実践に近い形で行ったほうがいいかと思います!

おすすめしたい方

  • 音楽に乗ってテンポよく気持ち良く脂肪燃焼したい方
  • スピードを上げていき軽快にかつ、強度を上げて消費カロリーを上げたい方
  • マイペースに歩きたい方

普段走り慣れていない方は、走りすぎてしまうと膝に負荷がかかりますので、最初は一日おきに走るなど、徐々にご自身のペースを掴んでいっていただけたらと思います!

外の景色が見えるトレッドミルで走るととても清々しい気持ちになれます!(笑)

景色が見えない施設の場合は気分転換も兼ねて外でランニングするときもちいいですよ!

そこからランニングにハマり、マラソン挑戦なんて流れもあるかと思いますので、日常の有酸素メニューを少し変えてみるのもどうでしょう??

第3位 ステアクライマー(ステップマシン)


このマシンは階段昇降の動作を行うマシンです!
かなり太ももに効いてきますので、有酸素マシンの中でも一番きついマシンではないかと思います(笑)

そのせいか、使用するお客様も少ない印象があります(笑)

特徴

  • 有酸素効果はもちろん、太もも、腸腰筋、体感も刺激される。
  • 太ももの筋持久力が上がる。
  • 長い時間続けるのがきついが強度は高めなので、脂肪燃焼というよりかは短い時間で消費カロリーを増やせる。
  • 膝に負荷がかからない。

キツさから敬遠されがちなマシンなんですが、トレーニング効果はとても高いマシンだと思います。(笑) ステアクライマーに関してはあまり有酸素目線で見ないほうがいいかもしれません(笑)

動作のポイントとしては
ペダルはゆっくり長めに踏みあげると感覚をつかみやすいです。
それから骨盤あたりから足を持ち上げるようにすると効果も高まります。
(腸腰筋を使う感覚をぜひつかんでいただきたいです)

ステアクライマーは、ほかのマシンと違いレベルを上げていくと、ペダルが軽くなります。

ペダルが軽くなるのでその分踏み込む強さと早さも上げていかないと追いつかなくなってきます(笑)
かなりきついマシンとなっています。

おすすめしたい方

  • 膝に不安があるが、太ももを鍛えたい方
  • 基礎代謝UPと有酸素効果を両立したい方
  • 下半身のリハビリ目的で階段をのぼる動作への不安を解消したい方
  • キツさを体感したい方
  • 興味ある方

ですね!!最後の二つは置いといて
消費カロリーの観点からいくと強度が高いマシンなので、短時間でカロリーを消費できるマシンになっていますので

筋持久力のUPが期待できるので、階段をのぼる体力をつけたい場合や時間がないけど有酸素したい場合などに利用していただくといいかと思います。

第4位 エアロバイク


自転車をこぐ動作を利用した有酸素マシンになっていますね!
フィットネスバイクも利用される方が多いマシンではないでしょうか。

よくクラブに置いてあるのはリカンベント式とアップライト式の2種類かと思うのですが違いとしては

リカンベント式

  • 腰の負担がかからない。
  • 体が平行に近い分、血液の循環がよく心臓への負担が少ないです。

アップライト式

  • 手を話せば体幹トレになる。
  • 足首の運動効果が高い。

ですね!

エアロバイクの特徴としては

  • 長時間可能
  • 体幹、腹筋を使う。
  • 脂肪燃焼効果
  • 心配機能の向上
  • 心拍数の管理がしやすい
  • 消費カロリーは低め。
  • 膝に負荷がかからない

エアロバイクの動作のポイントは特にありません(笑)
強いて挙げるとすれば膝が伸びきらない位置にペダルを設定することです!
あとは自転車をこぐように利用して頂ければ問題ありません。

強度を上げた場合は前傾姿勢をとって頂ければ、力が入りやすくなるので負荷に対応可能となります。

おすすめしたい方

  • 高齢者の方
  • 膝に不安のある方
  • リハビリの方
  • 心拍数を管理してきっちり時間管理して有酸素を行いたい方
  • 雑誌を読みながらリラックスして有酸素したい方

となります。

エアロバイクの具体的な利用方法としては高強度の筋トレ(ダンベルやバーベル)後の脂肪燃焼や心配機能の向上に適しています。

強度が比較的低いので、筋トレ後の有酸素にはとても向いています。
筋肉もつけてなおかつ絞りたい方はガッツリ筋トレのみでも問題ないのですが
脂肪が気になっている方は筋トレ後のエアロバイクがおすすめです!

こちらの記事に有酸素と心拍数の関係をかいているので宜しければぜひ!
具体的なエアロバイクの取り入れ方も書いております!

こちらから

まとめ

今回は主にフィットネスクラブなどに設置されている有酸素マシンについて書いてみました!

ダイエットや脂肪燃焼したい方は基本的に
筋トレを先、有酸素を後から行ってくださいね!
女性の方は筋肉がつくからやりたくないと考えているかもしれませんが

女性はホルモンの関係上筋肉がつきにくいので、男性のようなムキムキになるのは相当の努力と精神が必要なんです。。

そうはいってもなかなか本格的な筋トレには取り組めない場合も多いと思います。
自重トレや体幹トレをおこなうだけでも、十分効果はありますので

有酸素のみをおこなったり、無理な食事制限はしないでくださいね。。

一気に痩せようとするということは、一気に太る可能性があるということです。
とにかく続けることが理想のボディへの近道です!上手く筋トレと有酸素を組み合わせて理想のボディをてにいれてくださいね!

とはいえ筋トレのしすぎも体調を崩しますので、ほどほどに・・・(風邪気味で鼻水がとまらない)頭が重くて最後ネガティブ感じになってしまいましたが(笑)

最後まで読んでいただきありがとうございます。

では一本締めで!よ~おっ!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

 

バナー原稿imp


どれかポチってくれたら喜びます!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

さいとうさん7

名前:齊藤 光汰  職業 パーソナルトレーナー  趣味 サッカー 筋トレ コンテスト出場 座右の銘 笑う門には福きたる  ボディメイクを通して、喜びと希望をお届けします。 少しでも皆様のお役に立てれば幸いです! 一度きりの人生です。思いっきり生きましょう! 戦績 ベストボディ2018仙台大会 準グランプリ パーソナルの申し込みは、ページ上のお問い合わせから! 目標達成サポートします!