Youtube始めました!チャンネル登録よろしくお願いします!



なぜ筋トレをする?

スポンサーリンク


こんにちは!腹筋アスリートのさいとうさんです!

○○にコミットするパーソナルジムのおかげもありパーソナルトレーニングがだいぶ世の中に浸透してきました。
中村アンやローラのような腹筋女子の登場もあって、僕としてもうれしい限りです。女性がトレーニングに励む姿はとても美しいですよね。

初ネタは僕が筋トレをしていて実感したことを書きたいと思います。

ではいきます!

女性にモテるとはいえない?


筋トレを始める目的の一つとして女性にモテるためというのがあるかと思います。

私的にはですがモテにつながるけど、モテるためのパーツの一部ぐらいの感覚です。筋肉よりも性格、考え方、器を磨いたほうがモテると思います(笑)

モテるために筋肉をつけてみよう!って考えに至って取り組んでみようというプロセスがとてもいいことだなと思います。

モテるために食事やら筋トレ頻度、メニューを考えて自分の理想とする体に近づけた結果⇒自信がついて堂々と女性と話せるようになった。⇒いろいろな女性と話していく中でいいなと思う女性に出会えた⇒アプローチ⇒付き合うという流れになるといいと思うんですが

筋肉つければモテるっしょみたいな考えだと

筋肉つけたらモテるはず⇒筋肉ついた⇒(つけただけでモテると思っているから)あれ?全然モテないぞ?せっかく筋トレしたのに・・⇒筋トレを辞める。ってことになりかねないかなと思います(笑)

とはいえ、女性は体質的に筋肉がなかなかつきにくいので、マッチョな男性に対して、私にはないものを持っているという魅力を感じることはあると思うので、間違いなくモテの要素にはなってくると思います。

体つきが良ければ間違いなく相手の視覚には入ってきますからね!
「筋トレしてるんですか?」って聞かれた時の返し考えときましょう!

体だけじゃない!心身ともに鍛えられる。


筋トレはスポーツのパフォーマンスアップ、太りにくい体づくり、美しいボディラインをデザインするため、モテるためなどなどの目的達成のために行うものと思っている方も多いと思うんですが、メンタルも鍛えられます。

僕も実際に経験したことなんですがベンチプレス40キロしか持てなかったのが、60キロあげられるようになったときってとてつもない達成感を得られるんです。

数字が大きくなればなるほど、それに比例してもっと嬉しくなっていきます。それが小さい成功体験となって自信を持てるようになりました。

筋トレを始めたころはフリーウェイトゾーンに行くのも勇気がいりましたが、現在は気恥ずかしさなんてものは全くないです(笑)
体も大きくなるので身体の自信とともに心の自信もついてくる感じでしょうか(笑)

私の主観ですが筋トレ好きは自分が好きでポジティブな人が多い気がします。筋トレする人はうつ病になりずらいといったデータもあったような。

結果が出やすい?


これは個人差があるとは思うのですが、筋トレを初めて2~3か月もすれば「筋肉がついてきた!」実感は得られるのかなと思います。

筋肉のつきやすさは、体質、運動歴や現在の運動習慣なども関係してきます。昔ラグビーや野球をやっていた方などは比較的すぐ変化が出やすいです。

それはなぜ?

人の体には「マッスルメモリー」と言われる機能が備わっているといわれていて、自分のベストの筋肉状態を体が覚えています。

なのでボディビルダーは年がら年中バキバキな状態ではないと思うんですよね。自分のベストボディを体が記憶しているので、日頃のトレーニングでベストは更新しつつ大会前に仕上げていく感じでしょうか?
来年度のボディビルにでて経験談として話せたいいなとも思っています。

ちっぽけな経験談で言えば1か月筋トレをやれない期間があったんですが、再び筋トレを初めて1~2週間ほどで元の状態に戻った経験はあるんですけどね。。ちょっと実体験としては弱いかもですね(^^;

ただ筋トレにかかわらずスポーツでもいえる話じゃないかなと思うんですが、昔中学時代3年間サッカーやっていたとします。

その人が20歳になって「またサッカー始めるか」ってなり社会人チームでサッカーを始めたとします。5年間のブランクがあるので最初は体力的にも技術的にも劣る部分が多いかもしれません。試合勘とかもありますし!
ただ1~2か月もすればそれなりにプレイできるコンディションになると思うんですね。

NBAの偉大なるスーパースターに「マイケルジョーダン」がいます。
ご存知の方も多いかもしれませんがジョーダンは父の死がきっかけでメジャーリーグ(野球)の選手だった時があります。
約一年ほどでNBAに現役復帰するんですが、その後の活躍も脳がバスケの経験を覚えていてくれたから(もちろん身体能力も高い)だと言えますよね。

話が脱線してしまいましたが、筋トレは短期的に結果がだしやすいので、なかなか筋肉ってつかないんじゃないの?と思っている方に意外とすぐつくよってことを伝えたいです。

スポーツのパフォーマンスが上がる


スポーツごとに使う筋肉は違うので一概には言えないですが、筋トレをすることで確実にパフォーマンスに繋がります。

僕はサッカーをやっていますが、筋トレを始める前と始めたあとでは、フィジカル面でかなりの違いが出ています。
当たり負けもしないですし、一瞬で相手を抜き去る瞬発力もアップしました。

最近はプロ野球選手がマッチョ化しています。ダルビッシュ選手や大谷選手もマッチョ化してパフォーマンスがアップしています。

サッカーのクリスティアーノ・ロナウド選手もマンチェスター・Uに入団した際はごぼうのような体でしたが、今では、サッカー界のマッチョ代表格です。パフォーマンスに関しては僕からの説明は不要ですね(笑)

スポーツによっては筋肉を必要としないものもあり、鍛え方にもよりますが間違いなくパフォーマンスアップすると言えますね。

話のネタになる


筋トレをするようになると話のネタが増えます。
体のシルエットが変化するので「筋肉すごいね」とか「どんな風にやっているの?」と聞かれることも増えてきます。

返しも簡単です(笑)あげたらキリがないですが、「プロテイン飲んで、サラダチキン食べてます」「週6で部位別に1時間筋トレしてます」とかですかね。食事や筋トレの仕方、頻度、フォーム、サラダチキンなどいろいろ詳しくなってくるので話に幅がでてきます。

試行錯誤しながらになるので、思考力もつくし、周りの人からも「かんがえてやっているんだなぁ」と好印象を与えることもできると思います。

ちなみに僕は「クリロナ目指してます」とか「最近筋トレしないと落ち着かないですよ~(笑)ハハ~」みたいな返しをしてます。是非参考にしてみてください

まとめ


今回は筋トレについて僕の主観で話してきましたが、人それぞれ筋トレを始めることによって感じることって違うと思うので

ぜひクリロナのシックスパックでも西島隆俊でも中村アンでもローラでも自分がこの人良い体してると思った人の体を目標に取り組んでみると楽しく継続できるのかなと思います。

目標を数値化して自分のボディラインがきれいに見えるベスト体重を探ったり、体脂肪率5パーセントを目指すでもいいと思います。

ぼくが偉そうに言えることでもないですが、ゴールを自分で決めてやってみるのが大切なのかなって!筋トレ以外のところにも生きてそうですしね!

以上です!ありがとうございます!

では一本締めで!よーおっ!

*書くのめちゃくちゃ時間かかった~(笑)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

 

バナー原稿imp


どれかポチってくれたら喜びます!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

さいとうさん7

名前:齊藤 光汰  職業 パーソナルトレーナー  趣味 サッカー 筋トレ コンテスト出場 座右の銘 笑う門には福きたる  ボディメイクを通して、喜びと希望をお届けします。 少しでも皆様のお役に立てれば幸いです! 一度きりの人生です。思いっきり生きましょう! 戦績 ベストボディ2018仙台大会 準グランプリ パーソナルの申し込みは、ページ上のお問い合わせから! 目標達成サポートします!