タンニング 効果について! 日光と人間の体には深い繋がりが!?

スポンサーリンク


こんにちは!減量期のさいとうさんです!

今回は、ベストボディに向けての準備の一つでもあるタンニング(日焼け)について!

コンテストに出る方は、10割方タンニングを行ってます(言いすぎかな)

筋肉をより目立つようにするために、タンニングの効果についてまとめてみました!私も焼きます!

タンニングとは


 

日焼けして体を黒くすることをタンニングといいます。
日焼けサロンで行うタンニングは、サンレスタンニングといいます。下記参照。

サンレスタンニング(sunless tanning)は、太陽光を浴びることなく日焼けしたような肌を作ることである。日本では自分で自分の肌を焼くことからセルフタンニングと呼ばれることも多い。

引用元 wikipedia

サンレスタンニングは、太陽光を浴びることなく日焼けした肌を作ることですね!

タンニング(日焼け)の効果


  1.  うつ防止、睡眠の改善

    日光をあびると脳内伝達物質であるセロトニンが分泌されるのですがこのホルモンは幸福ホルモンと言われ気分を高める効果があり、うつにも効果的なホルモンと言われています!うつに対する治療は、投薬やカウンセリングが一般的ですが、光線療法というものがあるらしく、日光や日サロの光線はその原理と似た作用をもたらすようです。また、夜になるにつれてセロトニンがメラトニンに姿を変え、睡眠の質を良くしてくれます!朝日を浴びるのがいいのは、このセロトニンが関係しています!

    朝に朝日を浴びることでセロトニンが分泌、気分が高まりいいスタート⇒夜にはメラトニンに変化し、翌日に向けての睡眠のサポートをしてくれる!(いい流れですね)

    体内時計の調整にも一役買ってくれています!日サロのタンニングマシンにも同様の効果があるとされているので、日サロでもオッケーです!

  2. ビタミンDが生成される

    日光といえばビタミンDですね!
    ビタミンDには・セロトニンの分泌を促進する効果や骨を丈夫にする効果
    ・骨を丈夫にする効果(カルシウムの吸収にビタミンDが関わっています)
    ・大腸がん予防
    ・テストステロンが分泌される
    ・脂肪の分解促進
    ・満腹中枢を刺激し、食べ過ぎを防ぐ
    ・コルチゾールというストレスホルモンを減少させる

    あげすぎましたね(笑)ほかにもいい効果がたくさんあります(笑)

    こんなにもビタミンDによってもたらされる効果があるのです!日光恐るべし!

    ただし、日サロの光線は、紫外線UV-A波なので、ビタミンDは造れないのです・・・ビタミンDが欲しけれ
    ば、UV-B波である日光を浴びましょう!!!

  3. 非アルコール性脂肪肝の改善

    引き続きビタミンDによってもたらされる効果です(笑) 日サロ派の方すいません。。2015年4月ウィーンで開催された欧州肝臓学会にて、ドイツのザーランド大学医療センター(Saarland University Medical Center)のキャロライン・ストーク(Caroline Stokes)博士らの報告によると

    非アルコール性の脂肪肝を患っている人の血中ビタミンD濃度が低いことが報告されていて、ビタミンD3を4週間投与することで、脂肪が減少したようなのです!

    脂肪分解効果が高いことの証明になりますね!

    ※ビタミンDには、D2とD3の2種類あります。キノコ類に含まれているのはD2で、私達が自ら日光浴をすることで造り出すことができるのがD3です。日光を浴びることによって作り出されるビタミンDによる効果です!(日サロ派の方すいません)

科学的な効果としては、上記になります。

あとは、精神的な面で光線によって気持ちが前向きになったり、容姿の変化による気分の高揚などがあげられます! (言われてみれば、黒い人たちって明るくて、前向きで面白い方が多いような気がします(笑))

言い忘れてましたが、筋肉のカットが目立つということが、人によっては1番の効果ですね!

 

 

タンニングの3つの方法


ビーチでリラックスティーン 無料写真

引用元 <a href=”http://jp.freepik.com/free-photo/_900570.htm”>Freepikによるデザイン</a>

 

  1. 日焼けクリームを塗る
  2. 日焼けサロンやタンニングマシンで焼く
  3. 自然に日光で焼く

タンニングには主に上記の3つの方法があります!順に行きます!

 

1.日焼けクリームを塗る。

セルフタンニングといってタンニングクリームを使って皮膚の角質層を染める方法で黒くしたい部分に塗り、一定の時間で洗い流すだけの簡単な方法!

メリット

  • クリームを塗るだけで、季節に関係なく褐色の肌が手に入る。
  • 普通の日焼けと差がない。
  • 乾けばべたつくことはない。
  • 肌を傷める心配がない

デメリット

  • 繰り返し使う必要がある。数日に一度クリームを塗る)
  • ボディビルのコンテストでは使用が禁止されていることがある。(会場を汚すなどの理由)

 

2.日焼けサロンやタンニングマシンで焼く

メリット

  • トレーニングジムや日焼けサロンで手軽に焼ける。
  • 季節を選ばない。
  • ムラがない。

デメリット

  • 下地作りなどの段階をふんでいくので、コストがかかる。
  • 横になるベットは脇が焼けにくい。

 

3.自然に日光で焼く

メリット

  • 野外の開放感を感じることができる
  • コストがかからない
  • ビタミンDの生成やセロトニンのホルモンが分泌される。
  • 場所によって出会いのチャンスに

デメリット

  • ムラができたりする
  • 季節によっては、厳しい
  • 紫外線が気になる

 

セルフタンニングする場合


 

必要なもの

  • セルフタンニングローション

 

塗るだけなので簡単ですね!セルフタンニングといえば、ブロンズターナー!

「ブロンズターナー」は太陽(紫外線)ナシでも塗るだけで小麦色になれるセルフタンニングローション!



あとはこれ!



日光でタンニングする場合


必要なもの

  • タンニングオイル、サンオイル
  • 保湿クリーム
  • 化粧水
  • ベビーオイル

が挙げられます!

夏に日光浴をしてきますので、後日書き足します!!

 

日サロでのタンニングの手順


 

タンニングの手順についてはこちらから!!

タンニング初体験! 効果3選 おすすめケア用品1選!

 

 まとめ


黒水着と黄色のサングラスと魅力的な女性 無料写真

引用元 <a href=’http://jp.freepik.com/free-photo/写真_900570.htm’>Designed by Freepik</a>

日光にはビタミンDの生成や睡眠の改善、うつにも効果があるなど嬉しい効果がたくさんあります!

筋トレで言えば、テストステロン(男性ホルモン)の分泌を高めてくれる効果がありますので、男らしくたくましい人間でいたい方、筋肉をつけたい方は

日光を浴びることで、目的達成が近づくかもしれません!

暖かくなったら私も日光を浴びながら、朝にランニングでも始めようかな!

 

ベストボディなどのコンテストに出る方や日焼けに興味のある方は、3つの方法がありますので、お好みの方法で行ってみてください!

 

日サロ体験記乞うご期待!

では今日はこのへんで!

お読みいただきありがとうございます。

では一本締めで!よ~おっ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

管理人お勧めのHMB!

バナー原稿imp


どれかポチってくれたら喜びます!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

さいとうさん7

名前:さいとうさん  職業 パーソナルトレーナー兼腹筋アスリート 趣味 サッカー 筋トレ 読書 音楽 座右の銘 笑う門には福きたる 筋トレ(特に腹筋)に励む、運動大好き 腹筋アスリートことさいとうさんです。 最近のマイブームは、和菓子。 ボディメイクを通して、喜びと希望をお届けします。 少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。 一度きりの人生です。思いっきり生きてやりましょう!