私の人生に影響を与えてくれている本 堀江貴文 著 「ゼロ」

スポンサーリンク


こんにちは!減量期のさいとうさんです!

今回は私の人生に影響を与えてくれた本について書きます!

人生において、自分を成長させてくれる行動の1つに読書があります!

海外旅行などもあげられますが、費用面で考えると読書が最高に自分を成長させてくれるものである点は誰も否定できないはず!

読書は、他人の価値観を学べるのが最大の利点!

3~4時間でその人の考え方や人生何十年分の蓄えが知れてしまう。
こんなにすごいことはないです!

早速紹介します!

紹介したい本が結構あるので今回は、そのうちの1冊を紹介

ホリエモンこと、堀江貴文 著 「ゼロ」


まず始めに私は堀江貴文さんのファンでもなんでもございません。逆にアンチでもない。
というよりも堀江貴文氏のことをあまり知らなかった!(笑)

この本を読んだのが約一年前。そのときから存在を知ってはいましたが、頭の良い人間というイメージ!ライブドアの人?ぐらいの感じでした。

出会うきっかけは、転職で悩んでいた時期にいろんなブログ記事を読んでいたときです!

単純に読んでみたいという直感に駆られ、即効注文しました(笑)

 

経緯はいいとして

私なりに簡単にまとめると

 

スタートラインはゼロ。ひとつずつ足し算していくしかない

 

「かけ算」をしても意味がない。かけ算をして近道をしようとする人が多いと語られています。

楽をしようとする人が多いと。

なぜ一歩ずつ挑戦しないのか。ひとつずつ「小さな成功体験」を足していくのが手っ取り早いと。

掛け算よりもまず足し算!

失敗してもマイナスではなくゼロに戻るだけ。

はじめからできる人はいない、誰でも始めはノーブランド。
まずは足し算を積み重ねていくことで自分のレベルが上がっていくと語られています!

ある程度数字がたまって来たところから、掛け算によるレベルアップがみえてくるんだろうなと私なりに解釈しました!

まずは小さな成功体験!!!

やりがいは探すものではなく作るもの

就職活動や転職活動で「やりがいのある仕事」を探す人がいるが、やりがいとは「見つける」ものではなく、
自らの手で作るものだ。マニュアル(前例)通りにこなしていたら、
楽しいことなどひとつもないだろう。
だが、仮説を立て、実践し、試行錯誤を繰り返す能動的なプロセスを踏めば、
与えられた仕事は「作り出す仕事」へと変わっていく。

本書より引用

 

そもそもやりがいのない仕事などないんですよね!
歯を食いしばっていやな事を努力するのは長くは続かない。

努力するのではなく、
その作業に「ハマる」こと。

なにもかも忘れるくらいに没頭すること。

それさえできれば、英単語の丸暗記だって楽しくなってくるわけですよね!

私にとっては筋トレが没頭できることの1つになっています!

「やりたいことがない」は真っ赤な嘘だ。やりたいことをやろう!

やってもいないうちから「できっこない」と決めつけてはいないでしょうか?

できない理由ばかり探していないですか?

できない理由を探す天才になっていないですか?

自分の可能性にフタをして、物事を悲観的に考えてしまうと次第に「やりたいこと」まで浮かんでこなくなります。

突き抜けられる人と、そうでない人の違いは、物事を「できない理由」から考えるのか、
それとも「できる理由」から考えるのか。それだけなのかもしれないですね。

思考停止した時点でオヤジ化する

人は「ここでいいや」と満足してしまった瞬間、思考停止に突入してしまうのだ

本書より 引用

 

時代や環境のせいにするのは、ただ思考が停止しているだけ。
「ここでいいや」と諦めた瞬間、人は思考が停止し、一気にオヤジ化してしまう。

あなたは普段どれくらい考え、どれくらい行動に移しているでしょうか!?

借りてきた言葉で語る口先だけの人間になっていないだろうか。(これは気をつけないと)
言うことで満足してしまうんですよね。。。

大事なのは行動すること。自分の頭で考えること!

成功するための3ステップを踏む

人が前に進もうとするとき、大きく3つのステップを踏むことになる。

  1. 挑戦 リスクを選び、最初の一歩を踏み出す勇気

  2. 努力 ゼロからイチへの地道な足し算

  3. 成功 足し算の完了

本書より引用

堀江さん自身このサイクルを高速回転させることによって成長してきたと自負しているようです。

挑戦と成功つなぐ架け橋は、努力しかない

本書より引用

すごい良い言葉!

物事はいつだって、単純!

シンプルに努力することに勝るものはないということですね!

 

感想とまと


読んでみて「堀江貴文」さんのイメージが変わる本でした!
牢獄された彼は自身の半生を振り返りながら、「働くこと」の意味を語ってくれています!

「メシを食うため」とか「家賃を払うため」というのが多くの人が働く理由。
大多数が受け入れている事実。

「働く」意味を見失いそうになることも少なくはないですよね。
まずは目の前の仕事にのめりこむこと、やりたいことをやることで「イチ」を積み重ねていく重要性が語られています。

堀江貴文(ホリエモン)って、「どんな人生を送ってきたの?どんな人?」という疑問をもっている人におすすめ。

前半は自伝的な内容が多く、後半は自己啓発的なアドバイスが多いです!

私はこの本を読んで行動することの大切さを学びました!

行動するために必要なこととは何か?

それは小さな成功体験を積み重ねていくこと。

「成功体験を重ねて、自信がつけばなんだってできるよ」っていうメッセージを私は受け取りました!

本書の中にヒッチハイクのくだりがあるのですが、自信がないならためしにヒッチハイクでもしてみたらいいと書かれていたので

私は試しにヒッチハイクをやってみたんですよね!(笑)

成功させるために色々と自分の設定や条件を考えてね!

  • 盛岡から仙台まで(車で3時間ぐらいかな?)の短い距離
  • 3連休を狙った(プチ旅行者に乗せてもらう狙い)
  • 30Lのでっかい黒リュックを背負ってヒッチハイカーぽいアウトドアな格好

成功させるためにこの3つの条件で望んだ結果

見事!下道から高速に乗って宮城まで行くことができたんです!

3組の方に乗せて頂き、スタバをご馳走にもなりつつ、小さな成功体験を積むことができたわけなんです!

ヒッチハイクなんて自分の人生でやることないだろうなぁって思っていましたから、人生何がどうなるか分からんもんだ(笑)

すごいかどうかは別として、私はこの経験がすごく自信になりました!(前の会社を退職できたのも、この成功体験が大きい)

 

行動することでいろんな視点が身につくこと。

想像するだけでは分からないこと、想像とはまったく違うかもしれないこと。

行動することで答えが見つかります!

行動を成功体験にするために考える癖がつきます!

メッセージ性がとても強い本です!
私もまだまだ若いですが、私と同じような若い世代の方には是非呼んでほしい一冊です!
(堀江貴文さんの著書の中で最も売れている本です。)

今回は以上となります!

お読みいただきありがとうございました!

では一本締めで!よ~おっ!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

管理人お勧めのHMB!

バナー原稿imp


どれかポチってくれたら喜びます!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

さいとうさん7

名前:さいとうさん  職業 パーソナルトレーナー兼腹筋アスリート 趣味 サッカー 筋トレ 読書 音楽 座右の銘 笑う門には福きたる 筋トレ(特に腹筋)に励む、運動大好き 腹筋アスリートことさいとうさんです。 最近のマイブームは、和菓子。 ボディメイクを通して、喜びと希望をお届けします。 少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。 一度きりの人生です。思いっきり生きてやりましょう!