筋肥大効果抜群の必須アミノ酸といえばEAA! まずくない!おすすめのEAAを紹介!

こんにちは!増量期のさいとうさんです!
今回は必須アミノ酸であるEAAのおすすめ商品を紹介いたします!

筋肥大効果というのがEAAの特徴の一つですが

飲んだことのある方ならわかるかと思いますが、飲みづらくマズいのもEAAの特徴!

そんなマズいEAAを飲みやすくした商品があるんです!(めちゃくちゃディスってますね)

山本義徳氏もお勧めしている商品ですので、飲みやすいEAAを求めている方、EAAを取り入れたい方は必見!!

ジュース感覚でEAAが摂取できちゃいますので、ぜひ飲んでいただきたいです!

EAAとは


必須アミノ酸EAA(Essential Amino Acids)はたんぱく質を構成する成分で

EAAは以下の9種類から成り立っています!

  1. トリプトファン
  2. リシン
  3. メチオニン
  4. フェニルアラニン
  5. トレオニン
  6. バリン
  7. ロイシン
  8. イソロイシン
  9. ヒスチジン

トリプトファンが除かれた8種類のアミノ酸から構成されているものもあります!(トリプトファンが集中力の低下をまねくため)

BCAAは

  • バリン
  • ロイシン
  • イソロイシン

となります。

BCAAについてはこちらから

BCAAは減量期には、欠かせないサプリ!BCAAおすすめ3選!

EAAの効果


筋肥大効果

EAAの一番の効果として挙げられるのが、筋肥大効果です!

ホエイプロテイン15gとEAA15gのタンパク質合成効果を比較した研究によればEAAのほうが遥かに高い合成効果を示したといわれています!

ただし、量が少ないと筋タンパク合成効果は少ないようで7gのEAAの研究ではそれほど高い効果は認められなかったようです。

ロイシンの量が多ければ少量でもいいとする研究結果もあるようですが、今後の研究結果が気になるところです!(HMBがカギを握る感じでしょうか)

基本的には15gの摂取を意識したいところ!

必須アミノ酸が十分にある状態が筋合成には重要ということを覚えておきましょう!

 

筋分解の防止

EAAにはBCAA同様、筋分解を防止する効果もあります!

グリコーゲンに代わって、運動のエネルギー源になり、脂肪酸のエネルギー合成も高めてくれるため、トレーニングの持続力もアップし、疲労感の軽減効果も期待できます!

筋合成と同時に筋分解を防いでくれているのです!

トレーニングの質の向上

これもBCAA同様ですが、血中のトリプトファンが脳に侵入するのを防ぐことができるので、精神的疲労感を軽減することができます!

トリプトファンは脳に入るとセロトニンになるので、これが精神的疲労の原因になっているといわれていて、筋収縮の発火頻度を低下させるとも言われています。(トレーニング中にあくびがでるのも、トリプトファン優位になっているからです)

トレーニングのパフォーマンスの低下を阻止し、集中力をUPさせてくれる効果がEAAにはあります!

おすすめのEAA


Controlled Labs, パープルラース(Purple Wraath)、ジューシーグレープ、2.39 lbs (1084 g)

お値段は少し高いと感じるかもしれませんが、それ以上に飲みやすさがいいです!

味は、炭酸の抜けたファンタグレープです(笑)

ほんとファンタグレープ!これ以上のたとえが見つからない(笑)

飲んだら感動するレベルですよ!(笑)

これほんとにEAA??ってなること間違いなし!

成分も高品質で以下の成分がトレーニング効果をさらに高めてくれるのです!

成分名 主な効果
ベータアラニン 持久力、筋力・筋量向上
アルギニン 血流促進、パンプ感向上
シトルリン パフォーマンス向上
ベタイン 筋力向上、レップ数の増加
ノルバリン 血流促進、パンプ感向上

コスパが気になる方は

Controlled Labs, Purple Wraath、ジューシーグレープ、 1.17 ポンド (535 g)

容量が少ないやつから、ためしてみてください!

摂取量

摂取量としては、山本義徳氏のタンパク質とアミノ酸後編によると1日で15gを最低摂るようにし

筋肉量が多い場合20~25g以上摂取するといいとされています!

摂取タイミング

基本的にはトレ前とトレ後の摂取を勧めている場合が多いのがEAAですが、パープルラースはトレ中の摂取が適しています!

トレーニングの質を上げる成分がたくさん入っていますので、トレ中に飲むようにしましょう!

予算がある方や単体でEAAをお持ちの場合は、トレ前やトレ後に個別で摂取する方法もアリですね! 5gずつを目安に!

私が先日紹介したハイドロホエイにも15gのEAAが入っていますので、トレ後の摂取にお勧めです!

高品質のおすすめプロテインを紹介!加水分解ホエイとは!?

まとめ


今回EAAについて書かせていただきましたが、いかがだったでしょうか!?

筋肥大にはEAAといっても過言ではありません!

山本義徳氏が推奨する摂取タイミングとしては、トレーニング中の摂取をすすめています。

トレーニングの1時間前にホエイプロテイン、トレ中にEAAを摂取することで血中のアミノ酸濃度を安定させ、トレ後数時間にわたって筋合成を高めることができるとおっしゃっています!

トレ前のBCAA摂取が一般的ではありますが、筋タンパク合成能力の高まりには限度があるようで、BCAAとEAAの組み合わせだと頭打ちになる可能性が高いようです!

BCAAは急激にアミノ酸濃度が高まる半面、急激に濃度が低下する面も併せ持っているため、トレ前はホエイを飲んでアミノ酸血中濃度を急激に低下させないようにすることを推奨していますね!

ボディビルダーの方が、15分おきにBCAAを飲む方がいるのは、この急激な濃度低下を防ぐための方法とも言えますね!

ホエイ+EAAであれば、頭打ちの無駄も少ない+筋タンパク質合成効果も十分+数時間の合成を高めるという複数メリットがあるというわけですね!

とはいえ、1時間前にホエイを飲めない場合もあると思いますので、トレーニング前30分の場合は、トレ前のBCAAでいいと私は思いますので、その時の状況に応じて摂取の仕方を工夫するのが大事だと思います! (トレ中はEAA)

ポイントは筋トレ前中後において、アミノ酸の血中濃度を十分に高めるということ!

これを意識して、ホエイ、EAA、BCAAをうまく使い分けていきましょう!!

では今回はこの辺で!

お読みいただきありがとうございました!では一本締めで!よ~おっ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

管理人お勧めのHMB!

バナー原稿imp


どれかポチってくれたら喜びます!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

さいとうさん7

名前:さいとうさん  職業 パーソナルトレーナー兼腹筋アスリート 趣味 サッカー 筋トレ 読書 音楽 座右の銘 笑う門には福きたる 筋トレ(特に腹筋)に励む、運動大好き 腹筋アスリートことさいとうさんです。 最近のマイブームは、和菓子。 ボディメイクを通して、喜びと希望をお届けします。 少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。 一度きりの人生です。思いっきり生きてやりましょう!