ダンベルを購入! ダンベルはコスパより質で選ぼう! おすすめは!?

スポンサーリンク


こんにちは!増量期のさいとうさんです!

今回はアイロテックのダンベル購入レビュー記事です!

腕を太く、肩をでかくするために!

家でもトレーニングできるようダンベルを購入しました!

トレーニングの時間がつくれない時でも家にダンベルがあれば、肩と腕などの頻度が大事な部位を鍛えることができます!

私はトレーニングは集中して行うためにジムで行うものだと思っていましたが

山本義徳氏のバルクアップコラムで腕を太くする方法を読んだことがきっかけで

  • 家でも腕や肩にいつでも刺激を入れれる状況を作っておきたいと思ったこと
  • バルクアップコラムに記載されていたことを実際に実行してみたかったこと

上記2点から高い買い物ではありますが

アイロテックのダンベルを購入するに至りました!

まずはダンベルの種類から知っていきましょう!

腕を太くするためのバルクアップ記事はこちらから

山本義徳氏のバルクアップコラムに学ぶ腕を太くする方法!

 

ダンベルの種類


ダンベルにも何種類かあるので簡単に説明します!

  • 可変式ダンベル
  • 固定式ダンベル
  • ケトルベル

上記3種類に分類されます。

可変式ダンベル


自分の好みの重量に調整可能なダンベルのことです。

スピンロック式

アーミーダンベル

ダイヤル式ダンベル

パワーブロック

主に上記のダンベルが可変式の代表格で、スピンロック式はラバーが付いたタイプがあり、ウェイトの取り外しが若干面倒ではありますが、値段が1万円前後で製品性が良く、一番一般的に流通しています。

アーミーダンベルは表面がプラスチックでおおわれているので、錆びることも床を傷つけることもないのが特徴です。1万円以下で手に入るのでコスパが非常に魅力的です。アーミーダンベルのレビュー記事には見た目がかっこいいとよく書いてあるのですが、私は鉄のほうが圧倒的にかっこいいと思っています。(笑)

ダイヤル式とパワーブロックタイプはお値段は結構高めなのですが、ウェイトの調節が簡単にできるのでノンストレスでトレーニングに集中することができます!

固定式ダンベル

簡単に言うと、ジムなどにおいてある重量があらかじめ決まっているダンベルのことです。

重量が決まっている分、すぐに自分の必要とする重量に持ちかえることができるので、インターバルなどに影響が出ず本格的にトレーニングしていくことができます。

一式そろえるのは相当なお金がかかるのであまり一般的ではありません。

ケトルベル

<
ケトルベルはダンベルに含めていいのか疑問ですが、ウェイトで筋肉に刺激を与えるという点に関しては共通ですので紹介の対象とします。(笑)

ケトルベルのメリットは持った際にダンベルと比べて安定しない分、いろんな筋肉に刺激が入る点です。

ケトルベルを上下に振り回したり、左右に振りながらランジを行ったりし体幹を鍛えるのにも適しています!
値段はものによってマチマチとなってます。

 

When summer gets here (TAG someone who loves summer)

•ANLLELA SAGRA•さん(@anllela_sagra)がシェアした投稿 –


↑この動画のような動きですね!

動画はプレートで行っていますが、ケトルベルと同様持った際にウェイトが安定しない点で共通しているのでいろんな筋肉に刺激を入れることができています!

私が購入したのは!!

上記ダンベル3種類から私が購入したのは

可変式のダイヤルロック式のダンベルです!

パワーブロックかスピンロック式で悩んだのですが、ダンベル購入の目的が腕と肩をいつでも鍛える環境を作ることにあったので、ウェイトの調整の手間は気にしなくてもいいかなと思いました。

そこでコスパが程よく、製品性にも優れていて、デザイン性にも優れているスピンロック式を購入しました。

選択したメーカーはアイロテック!(スピンロック式といえばアイロテックのダンベルで間違いないというイメージがあったので)

アイロテックのダンベル開封


下にマットを敷くので、ラバーなしの黒いタイプを買いました!(少し安くなるので)

オレンジよりも黒いほうがかっこいいかなと!(少し安くなるので)

重量は片方30kgなので合計60kgになります!

ということで!いざ開封です!

非常に重いので、業者さん運ぶの大変だったと思います。(笑)

ありがとうございます。。。。

早速開けてみたら、包装がやたらと強固で開けるのにひと苦労。

テープと格闘し

ヨガマットの上に一式出し終えました。

  • シャフト       1本2.5kg(2本合計5kg)
  • 1.25kgプレート 4枚計5kg
  • 2.5kgプレート  4枚計10kg
  • 5kgプレート    8枚計40kg

ほんと業者さんに感謝(思ったよりも運ぶの大変でした。)

 

実際に使ってみました!


ジムの固定式のダンベルの長さに慣れていることもあり、持った感じの印象は結構長いですね!

ウェイトをつけて、カラーをクルクルっと回します。

重さを変えるのに若干時間がかかるので気になる方はこちらのカラーで代用するとクルクル回す手間が省けます。

 

ウェイトをつけた感じがかっこいい!

家トレのモチベが上がります!!

この日は軽く肩と腕に刺激を入れました!

まとめ


アイロテックのダンベルのレビューをまとめると

  • デザインがかっこいい。
  • 多少鉄がポロポロ落ちてくる。
  • ウェイトの可変が若干面倒。(気になる方は挟むタイプのカラーがおすすめ)
  • コンテスト時のパンプアップにも使える。

ダンベルは長い期間使っていけるアイテムなので、コスパよりも質を重視したほうがいいと個人的には考えています!

アイロテックのダンベルはAmazonでの評価も高く、ダンベルといえばアイロテックというぐらい定番のメーカーですので、ダンベルがほしい方はアイロテック買っておけば間違いないです!

重量に関しては片方30kgあれば、買いなおす必要がないので、最初から30kgの購入がお勧めです!

ダンベルがあれば、コンテスト時のパンプアップにも使えますね!

パンプアップグッズについてはこちらから!

コンテスト時の準備物!私が持っていったパンプアップグッズ!

アジャスターベンチがあれば胸の種目もできますので、本格的にホームトレーニーになりたい方はベンチも購入するとバリエーションが広がります!

インクラインからデクラインまで可変可能なので、胸の上部から下部まで鍛えることができます!

私は腕と肩をでかくするべくこまめに

  • サイドレイズ
  • インクライン・アームカール
  • インクライン・ハンマーカール
  • ライイング・トライせップス
  • ワンアーム・オーバーヘッド・プレス(フレンチプレス)

やっていきます!!

片方30kgが軽く感じるくらい腕を太くしたいと思います!

今回は以上となります!

お読みいただきありがとうございました!

では一本締めで!よ~おっ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

管理人お勧めのHMB!

バナー原稿imp


どれかポチってくれたら喜びます!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

さいとうさん7

名前:さいとうさん  職業 パーソナルトレーナー兼腹筋アスリート 趣味 サッカー 筋トレ 読書 音楽 座右の銘 笑う門には福きたる 筋トレ(特に腹筋)に励む、運動大好き 腹筋アスリートことさいとうさんです。 最近のマイブームは、和菓子。 ボディメイクを通して、喜びと希望をお届けします。 少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。 一度きりの人生です。思いっきり生きてやりましょう!