ベストボディ盛岡大会まで1週間! 1週間前にやるべき7つのこと!

スポンサーリンク



こんにちは!減量期のさいとうさんです!

私が出場する盛岡大会までちょうど1週間になりました!

このラスト1週間の間にやるべきこととは!

大会までの1週間でやるべき7つのこと


まずは大会前までにやっていくべきことをあげていきます。

  • カーボディプリ-ト
  • カーボアップ(カーボローディング)
  • 塩抜き
  • 水抜き
  • 日焼け(最終調整)
  • ポージング練習
  • 毛の処理

上記の7つが大会前までにやるべきこと!

まずは

 

カーボディプリート


カーボとは、炭水化物

ディプリ-トとは、枯渇

という意味で

筋肉に溜め込んでいるグリコーゲン(ブドウ糖)を枯渇させることです。

枯渇させることで筋肉の体積が小さくなり、張りをなくす効果があります!

これを行うことでカーボアップ(ローディング)の効果を最大限に引き出すことができます!

カーボアップ(ローディング)


ディプリートの逆で糖を筋肉に溜め込むことによって、筋肉を大きく見せる効果があります!

通常筋肉がグリコーゲンを貯蔵できる量は、決まっているのですが

カーボディプリ-ト後は、筋肉がいつもより約3倍のグリコーゲンを蓄える作用(肝臓は2倍)があるといわれ

コンテスト前は当たり前におこなわれていることです!

コンテストでるなら常識といっても過言ではありません。。

 

マラソンやサッカーなどの持久力を使うスポーツにおいても、取り入れられています!

私的には、カーボアップは、マラソンのイメージでしたがまさか筋トレでカーボアップが取り入れられているとは

思いもよらない事実で知ったときはびっくりしましたね!

(内心はそんなに変わるのかなと思っていましたが、結構変わるらしいです)

コンテストに出る選手は、3日前から行う人と前日のみ行う人で別れていたりするので、かなり個人差があるので

 

かなり絞れたという実感があれば3日前から行えばいいでしょうし

絞れていなければギリギリまで脂肪を落としきってから、前日のみカーボアップすればいいでしょうし

自分の体を一番見ているのは自分ですから、自分で自己分析して判断するしかないですね!

カーボアップにも数種類やり方があるので、詳しくはまた書きたいと思います!

塩抜き


この塩抜きは、筋肉のカットをより際立たせるために、おこなうものです!

塩抜きは水抜きとセットで行われるのが一般的。

ナトリウムには、水分を溜め込む働きがあると塩分についての記事 こちらから

で書きましたが、取りすぎるといわゆるむくみが発生します。

筋肉を目立たせたいのにむくんっでいては話にならないですよね。

塩分を控えることで体が水分を溜め込まずにスムーズに排出してくれるようになります!

 

やり方としては単純に食事による塩分の摂取を控えること

です!

ナトリウムを控えたうえで、カリウム(バナナなどに含まれます)を摂取すると

体が水分を排出する働きが強くなるので、

塩抜き+カーボアップ(バナナやレーズンでカリウム)+水抜きというのはセットで考えられています!

組み合わせ的にとても効率的ですよね!

 

ただし、最低限の塩分は人間の体には必要ですので、やりすぎは禁物です。。。。(筋肉が痙攣します。。)

厚生労働省の基準を見ると、食塩換算で1.5gは最低限摂取する必要があるとのことなので

ひとつの目安に!!

 

水抜き


これは大会前日から行う人が多いです。

字の通り体から水分を抜く行為になります!

皮膚の下にたまった水分を抜くことで筋肉を大きく見せることができます。

 

塩抜き同様過度な水抜きは禁物です。

“必要以上に 飲まない”

ということを意識して水抜きをしましょう!

 

タンニング


私のブログにも最近ネタとして出ることがおおいタンニングです!

筋肉のカットを目立たせるために行います!

 

  • コンテストでは照明がついているので、白い肌だとあまり目立たない(比べたことがないですが、なんとなくご理解いただけると思います)
  • 黒いほうが絞まって見える(これは、私服の考え方と一緒です。白いスキニーよりも黒いスキニーのほうがよりシャープに絞まって見えますよね)

コンテスト前にタンニングを行うメリットは、上記2点が主になりますね。

基本的には日焼けサロンで焼くのが一般的ですが

季節が夏であれば、外で気持ちよく焼いたりする方もいるみたいですね!(気持ちよさそう)

タンニングの次の日は、赤く腫れ上がるので、コンテスト直近は2~3日前か余裕を持って1週間前には焼いておいて

あとはキープするのがベター!

タンニングの効果についてはこちらから

私のタンニング初体験についてはこちらから

 

ポージング練習


「筋肉は1週間では大きくならないけど、ポージングは1週間練習しただけでも、上達する」 by  myベストボディの先輩

とのことです!(笑)

 

ポージングに関しては

  • 慣れ
  • 魅せ方

これに尽きるかなと個人的には思うので、

早い話自分をモデルだと思えばいいのかなと!

自分の見せたい筋肉をいかにカッコよく、スムーズに違和感なく表現するのか!

ここを第一に考えて、ポージングを決めて覚えて、慣れるしかないかなと思います。。

 

初出場なので、場慣れはしていませんが、ポージング慣れすることはできますので、

規定ポーズ

  • フロントポーズ
  • サイドポーズ
  • バックポーズ

とフリーポーズ(3種類)はバシッと出せるようにしたいですね!

 

本番は、ほんの数分で自分のポージングが終わってしまうでしょうから、迷ったり、なよったりしている間に時間が過ぎることのないように

堂々とリンとしていることを心がけて望みます!(実際本番は緊張すると思いますが(笑))

 

こういうブログという場で発言することで、やらざるを得ない状況を作れるのは、ブログのメリットのひとつですね!

 

毛の処理


審査基準に、清潔感、誠実さというものがあるので

  • 整った髪型
  • 最低限の毛の処理

は必要ですので

髪型はしっかりと整えて

私の場合、

  • すね毛
  • わき

が毛の処理の対象になるかと思ってますので、脱毛クリームで処理しようかと思っています!

その体験記も書きたいとおもいます。

人によっては、おなかや胸の辺りも処理の対象になるかと!

脱毛クリームレビューはこちらから

コンテスト前の脱毛は、2択! ブラジリアンワックスかクリーム! 両方ともレビューします!

鏡チェック時にご自身の毛の状態も確認しておくことをおすすめします(笑)

 

まとめ


 

今回は、ベストボディ1週間前に行うべき7つのことを書きました!

今後、コンテストに出る方の参考になれば幸いです!

 

私が一点感じたこととして、カーボディプリートを行ううえで、

ケトッジェニックで減量してきた場合は、どうなるのかなという点ですね!

1日の糖質摂取量が10g以下に制限されているので、筋肉にグリコーゲンはほとんどたまっていない状況だと考えられます。

そう考えると筋トレのやり方が若干変わってくるかと思いました(汗)

私は2週間ほどケトジェニック状態なので、どうしたもんか(笑)

 

ただディプリートの考え方としては

低強度でrep数をかなり多めに行いグリコーゲンを枯渇させることが目的です。

なので

ヘトヘトになるまで筋トレする

意識で調整してみようと思います!

 

この数日は厳しい戦いになるかと思いますが頑張ります!

では今日はこの辺で!

お読みいただきありがとうございます!!

では一本締めで! よ~おっ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

管理人お勧めのHMB!

バナー原稿imp


どれかポチってくれたら喜びます!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

さいとうさん7

名前:さいとうさん  職業 パーソナルトレーナー兼腹筋アスリート 趣味 サッカー 筋トレ 読書 音楽 座右の銘 笑う門には福きたる 筋トレ(特に腹筋)に励む、運動大好き 腹筋アスリートことさいとうさんです。 最近のマイブームは、和菓子。 ボディメイクを通して、喜びと希望をお届けします。 少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。 一度きりの人生です。思いっきり生きてやりましょう!